ラビットチャレンジの概要について

  • E資格の学習を格安で受講したい
  • 自宅でE資格の学習ができるか気になる
  • AIについて色々と学習したい

といった方向けの内容となっています。

 


 

 

「E資格を受験するための講座プログラムを受講したいけど、どこのスクールも料金が高額だ」と思って悩んでいませんか?

 

「E資格を受験するのに、どこから学習すればいいかわからない」とか「プログラミング言語のpython(パイソン)の学習はついていけるのだろうか」などありますよね。

 

こんな時は、ラビットチャレンジ受講することで解決できるので、おすすめですよ。

 

ラビットチャレンジの特徴は?

 

ラビットチャレンジのE資格のための講座プログラムは安い?

 

  1. 個人利用は定額料金から始められる
  2. PCの環境にとらわれずに学習できる
  3. 無料キャンペーンがある

 

ラビットチャレンジを受講するには、一般コース・プレミアムコースがあるのですが、45万円(税抜)のプレミアムコースに対して、個人で利用する一般コースは入会金2万円(税抜)と月額3千円(税抜)で受講できるので、価格が気になる方でも問題なく受講することができます。

 

また、PCの環境でもプログラミングに慣れている方においては自力で環境構築を進めていけたりもするのですが、未経験の方の場合はブラウザ上から構築できるGoogleColaboratoryがあるので、スキルを気にせずに学習することができます。

 

5万円で受講できる学習目安時間が30時間の超AI入門講座が、現在先着500名の無料キャンペーンを行なっているので、AIに関して基礎から勉強したい方には、とてもおすすめといった感じですよ。

 

ラビットチャレンジは安心して利用できる?

 

ラビットチャレンジではE資格の対策講座を安心して受講できる?

 

「いくらラビットチャレンジが、月額で安く簡単に利用できるからといって何かあるのでは?」と疑問があるかもしれませんが、メリット・デメリットを踏まえて説明します。

 

ラビットチャレンジを運営しているStudy-AI株式会社は、NTT・ソフトバンク・日立などの大手企業のグループ会社を軸に200社以上提供実績があるため、どなたにでも利用しやすくなっています。

 

また、メリットの一つである個人向けに月額制で運営できる面も「昨今の社会情勢が関係していることによる思い切った挑戦」とのことなので、期待できる部分でもあります。

 

しかし、講義で扱わない問題が出題されることやチャレンジ中に予告もなくハードルが上がるなどがあり、こういったことでの返金がないため覚悟する必要がある・質問サポートなどが付属されていないといったデメリットがありますが、受講生同士の学び合いの場が提供されているので、最後まで続けられる方にはラビットチャレンジは、おすすめといった感じですよ。

 

ラビットチャレンジでは、どのような学習プランがある?

 

E資格を受験するにはどうすればいい?

 

  1. スタートテスト
  2. レポートとテスト
  3. 修了テスト

 

ラビットチャレンジでは、最初にE資格の学習を始める準備が整っているかどうかを判定するためのスタートテストがあり、こちらを受けます(既にAI実装検定A級に合格している方はスタートテストが免除される)。

 

続いて、線形代数・情報理論などの応用数学、実用的な方法論などの機械学習、深層モデル・生成モデル・強化学習などの深層学習、開発・運用環境を通じてStage1~Stage4を受講して、それぞれレポート提出・テストを行ないます。

 

最後は、Stage4で修了テストで合格することや、応用数学・機械学習・深層学習の実装演習レポートの提出と、その他指定された各種レポートを提出して条件をクリアすることで修了証を取得できるので、これでE資格を受験することができますよ。

 

どのような方がラビットチャレンジを受講しやすい?

  • できるだけ費用をかけずにE資格の受験資格を得たい方
  • E資格取得をきっかけにデータサイエンティストなど就職・転職を目指している方
  • E資格の試験日を計算して学習に取り組める方

といった方が受講しやすいかと思います。

 

E資格を受験するための合格ライン・難易度が気になるだけでなく、受験申込・受験日が気になる場合でも、ラビットチャレンジは公式サイトにチャレンジスケジュールが記載されているので、計画的に学習に取り組むことができます。

 

もし、AIについて学習したい場合は、超AI入門講座のキャンペーンがいつ終わるかわからないので、終わる前に受講してみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました